呼吸器内科

呼吸器内科について

息が苦しい、歩くと息が切れる、咳が長くつづく・・・呼吸に関する症状はつらく苦しいものが多くみられます。また夜寝ているつもりでも、息が止まってしまいしっかり休めず、日中に眠気を感じる方もいらっしゃいます。

病気としては気管支喘息、咳喘息やCOPD(慢性閉塞性肺疾患、以前の肺気腫や慢性気管支炎)、睡眠時無呼吸症候群が多くみられます。また咳が長引く場合、肺炎や肺癌、肺結核、心不全など思わぬ病気が隠れていることも少なくありません。

呼吸器の検査

まず胸部レントゲン検査を実施し、肺や心臓に病気が隠れていないか確認します。
肺に問題がありそうな場合、胸部CT検査が必要になることがあります。その場合総合病院にご紹介するか、もしくは胸部CT検査を実施してくれる医療機関をご紹介します。
気管支喘息やCOPDが疑われる場合、肺機能検査を行い今の状態を評価します。
睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合、まず自宅でできる検査を行います。

呼吸器の治療

呼吸の症状がある場合、タバコを吸う方はまず禁煙が大切になりますし、禁煙することで症状が楽になる方も多くみられます。
ただそれでもなかなかタバコをやめられない方も少なくありません。その場合は吸入薬や飲み薬などを使い、症状が軽くなるようお手伝いします。
睡眠時無呼吸症候群の場合、軽症であれば体重を減らすことや歯科にてマウスピースを作製し装着する方法があります。また重症の場合は機械を使用した治療をします(CPAP治療)。